【能勢電鉄】1500系 車両編成表

 

(スマートフォンの場合は、画面を横にしてご覧ください)

【能勢電鉄1500系】

編成名 運用開始 ~ 廃車 特徴・備考
1550F 1983/08/01 ~ 2016/06  ( ⇒ 個別車両記事 1550F・1560F
1550

1500

 

(元:2150 – 2101)
能勢電鉄初の大型車・冷房車として導入され、320形・500形を置き換えた。
1997年に4連から2連2本に組み替えが行われた。
創業100周年・開業100周年記念による2度の復刻塗装が行われる。
2016年に5142Fに置き換えられ引退。
1560F 1983/08/01 ~ 2016/06  ( ⇒ 個別車両記事 1550F・1560F
1560

1510

 

(元:2151 – 2100)
能勢電鉄初の大型車・冷房車として導入され、320形・500形を置き換えた。
1997年に4連から2連2本に組み替えが行われた。
創業100周年・開業100周年記念による2度の復刻塗装が行われる。
2016年に5124Fに置き換えられ引退。
1551F 1983/08/01 ~ 2016/06  ( ⇒ 個別車両記事 1551F
1551

1531

1581

1501

 

(元:2152 – 2102 – 2055 – 2103)
能勢電鉄初の大型車・冷房車として導入され、320形・500形を置き換えた。
試験塗装第1号を経てフルーツ牛乳塗装になった後、1997年にワンマン化。
2003年4月にマルーン塗装化第1号となった際に「マルーン復刻?」とファンを喜ばせたのは一瞬、他の全ての編成も順次マルーンとなっていった。
2016年5月にさよなら運転後、5108Fに置き換えられ引退。
1552F
1984/07/01 ~ 2016/02  ( ⇒ 個別車両記事 1552F
1552

1532

1582

1502

 

(元:2158 – 2109 – 2160 – 2108)
大型車・冷房車の第二陣として導入され、320形・500形を置き換えた。
2016年に5148Fで置換となり引退後、c#1552の前頭部が保存されている。
1553F
1984/07/01 ~ 2016/02  ( ⇒ 個別車両記事 1553F
1553

1533

1583

1503

 

(元:2156 – 2106 – 2157 – 2107)
大型車・冷房車の第二陣として導入され、320形・500形を置き換えた。
2005年までは側引戸が旧式のものを使用していた。
2016年に5146Fで置換となり引退。
1554F 1985/07/14 ~ 2015/04  ( ⇒ 個別車両記事 1554F
1554

1534

1584

1504

 

(元:2159 – 2111 – 2059 – 2110)
大型車・冷房車の第三陣として導入され、320形・380形・500形を置き換えた。
2015年に5138Fによる置き換えで引退後、先頭車は広島県で試験車両となっている。
1555F
1985/07/14 ~ 2015/04  ( ⇒ 個別車両記事 1555F
1555

1535

1585

1505

 

(元:2161 – 2104 – 2030 – 2105)
大型車・冷房車の第三陣として導入され、320形・380形・500形を置き換えた。
1997年にはワンマン改造の先陣を切った。
2015年に5136Fによる置き換えで引退。

 

(記載の各データは2020年12月現在のものです)

 

【車両紹介リンク】

<現有系列>

  • 【7200系】7200F – 7201F – 7202F
  • 【5100系】5136F – 5138F – 5146F – 5148F – 5108F – 5142F – 5124F
  • 【3100系】3170F
  • 【1700系】1750F – 1751F – 1752F – 1753F – 1754F – 1755F – 1756F – 1757F – 1758F(編成表

<廃止系列>

※車両紹介のページには広告を設置していません。



鉄道コム

 

 

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとある宴会カメラマン、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。