【駅紹介】多田駅

 

多田(ただ)駅は、兵庫県川西市にある能勢電鉄妙見線の駅(駅番号:NS06)。

 

 

【年表】

  • 1913年(大正2年)4月13日 – 開業。
  • 1952年(昭和27年)6月8日 – 現在地に移転。
  • 1966年(昭和41年)12月15日 – 3両分にホーム延伸。
  • 1968年(昭和43年)11月28日 – 新設した上りホームを使用開始。
  • 1969年(昭和44年)10月5日 – 複線化に伴い駅改良。
  • 1996年(平成8年)頃 – 6両編成の運転に伴いホーム延長。
  • 2010年(平成22年)12月21日 – 駅のバリアフリー化工事が竣工。

 

 

【駅周辺】

  • イズミヤ多田店
  • 国道173号・兵庫県道130号多田停車場多田院線
  • イタリア家庭料理 たかのつめ
  • 愉楽日本料理 かぐらざか 川西多田本店
  • 新田城跡
  • 多田神社
  • 多太神社

 

【ギャラリー】


駅前全景。

改札を抜けると、構内踏切を抜けて
川西能勢口ゆきホームへ行くことができます。

券売機の上の運賃表。
阪急連絡の運賃も記載されています。

現行ダイヤ(2018年7月7日改正)
の上り線・下り線の時刻表。

上り線・下り線ともに待合室があります。
こちらは下り線待合室。

地形の都合か建築上のデザインか、
上り線の待合室は曲線を描いています。

バリアフリー化で上下線ホームとも
お年寄りや車椅子の方でも利用しやすいホームに。

春は下りホームから満開の桜を
望むことができます。
昔はもっと桜の本数が多かったそうです……

4月の源氏まつり開催時には、
「川西能勢口→日生中央→多田」の区間で
貸切列車が走ることも。

(貸切列車のスタフ。しっかり多田駅に停車します)

踏切の横にある駅周辺案内地図。

かつて6両編成が停車していた時に使われていた
部分は、現在は電車が止まらない案内の表示に。
下り線に至ってはバリアフリー工事で1両分
長さが削られ、ホーム有効長が5両になっています。

  

 

 

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとあるスーパーバイザー、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。