車輪のモニュメント

  

能勢電鉄妙見線には、かつて川西能勢口~川西国鉄前という区間が存在しました。

かつて川西能勢口と国鉄の川西池田駅を結び、古い文献によれば貨物や新車の搬入にも使われていたとか。この1駅区間は、利用者の低迷と駅周辺の再開発に伴い、1981年12月に廃止されています。

だいたいこの図中のオレンジのラインが、廃線後に道路になった区間に近いと言われています。

上の地図上で「★」をつけた場所に、当時の面影を残すモニュメントがあります。

 

また、そのすぐ近くには能勢電気軌道50形電車の写真が埋め込まれたマンホールも。

この50形は川西能勢口~川西国鉄前の廃止とともに引退しています。

 

【川西国鉄前駅 年表】

  • 1916年(大正5年)5月17日 – 能勢口 ~ 池田駅前間の軌道延長特許申請。
  • 1917年(大正6年)5月17日 – 同工事が認可、19日着工。8月1日竣工。
  • 1917年(大正6年)8月8日 – 能勢口~池田駅前 駅間が開業。
  • 1956年(昭和31年)9月11日 – 池田駅前~伊丹間の延長線を企画。(用地買収困難のため、1958年断念)
  • 1965年(昭和40年)4月1日 – 川西国鉄前に駅名変更。
  • 1981年(昭和56年)12月19日 – 川西能勢口駅再開発事業のため、この日限りで運行を終了。翌日廃止。

 

【MAP】

 

【駅紹介リンク】

※駅紹介のページには広告を設置していません。



鉄道コム

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとある宴会カメラマン、そしてある時はとあるのせでん沼。

1 thought on “車輪のモニュメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。