【のせでんアートライン2021】開催間近!会場とイベントの一覧

川西市,沿線ニュース,猪名川町,能勢町,能勢電ニュース,豊能町

 

【前回の記事】

 

10月30日~11月23日が開催期間となっている
のせでんアートライン2021
が、いよいよ間近に迫っています。

2013年の能勢電鉄開業100周年事業として始まった
このプロジェクトも、隔年開催で今回が5回目

本記事では、会場別に展示されるアート作品を
一覧形式で紹介してまいります。

※本記事で引用しているすべての画像の著作権は、
 能勢電鉄さん・のせでんアートライン2021事務局さんや

 その他の各著作者さんに帰属します。

 

 
【目次】

(沿線の各会場拡大図)※クリックで拡大

(公式の展示会場周遊マップはこちら

 



1.信徒会館 星嶺+よろづや2階(妙見山 山頂)

《7+1 / 舞い降りてくる星辰、光を放つ》
 "7+1 / Look up at the Stars; Dawn of a New Day"

本イベントの招聘作家である
原 摩利彦さん + 津田 直さんによる
音と言葉と写真、印刷物を散りばめたインスタレーションが行われます。

「妙見山頂に星嶺あるのは知ってるけど行ったことない……」という
本記事の筆者のような出不精さんも、この機会に一度いかがでしょうか。

<<星嶺 ACCESS MAP>> ※能勢妙見山の本堂に向かう途中に見える巨大な建造物

<<よろづや ACCESS MAP>>※CAFFÈ STELLINAさんの上

開場日時:金土日祝(11/22は開場)9:30~16:00(いずれも最終入場時間15:30)
 ※会場は16時に閉館となります。妙見の森リフトは平日15:50・土日祝16:20で終了、妙見山の駐車場は16:30閉場となります。




2.新瀧公民館(川西市 黒川駅前)

《Common》

本イベントの招聘作家である
SPEKTRA(池田 航成 + 園田 基貴)さんによる、
光、映像、音を用いた感覚情報の統合による認識と身体性の気づきを問う
オーディオ・ビジュアル・インスタレーションです。

今回のせでんアートライン2021のメインビジュアルになっている、
光る立方体や四面体のオブジェもSPEKTRAさんによる作品です。

<<ACCESS MAP>>※黒川駅前

開場日時:金土日祝(11/22は開場)9:30~16:30(最終入場時間16:00)



3.日生中央サピエ(猪名川町 日生中央駅前)

《営みの森、辺界の尾根 – Mt. Oya – 》

本イベントの招聘作家である藤井 達矢さんによる、
猪名川町の大野山(おおやさん)を五感で体験できる芸術作品となっています。

日生中央サピエの中で、山に分け入り、唯一無二の体験ができることでしょう。

<<ACCESS MAP>>
 ※駅からサピエに入ってすぐ左手、2016年秋頃に閉店したケーキ&レストラン「けやき/berry pick」さん跡地。

開場日時:会期中毎日 7:30頃~21:00(※11/9再修正)
 ※土日祝の午後は作家の藤井先生がおられる可能性あり。アートだけでなく鉄道の話にも華が咲きます。



4.静思館(猪名川町)

ここでは2つの作品が展示されています。

《巡り創る》

一般公募作家の井橋 亜璃紗さんによる、
「素材」 同士が組み合わされた大迫力のビジュアルプリントです。


 

《五等分の雲》

一般公募作家の袁 方洲(ユアン・ファンジョウ)さんによる、
飛行機雲をモチーフとした新しいガラス作品です。

 

<<ACCESS MAP>>
※川西能勢口駅または日生中央駅から、阪急バスで「猪名川町役場」または「上野」下車

開場日時:9:30~16:30(※月曜日休館)



5.妙見口駅(豊能町)

《呼応するターミナル》

一般公募作家の橋爪 皓佐さん / 野営地さんによる、
のせでんをモチーフとした音の素材を利用した音の列車が走りだします。

<<Myoken Resonance - 呼応するターミナル>>
(アーティストによる作品解説)

<<ACCESS MAP>>

開場日時:会期中無休(始発〜終電までの間)
※アーティストによるパフォーマンスは下記日時、待合室はいつでも鑑賞可



6.吉川自治会館前広場(豊能町)

《行き止まり冒険記》

一般公募作家の前田 耕平さん × 葭村 太一さんによる作品です。

能勢妙見口駅のほど近く、石の階段を見つけた。階段の先はフェンスで囲まれて行き止まりになっていた。階段の続きには何があるのだろうか。その先を真っ直ぐ進んだ2人の体験と物語を記す。

(公式ページより)

果たしてどのような作品が展示されているのか・・・
駅からも近いので、ぜひその目で確かめてみましょう。

<<ACCESS MAP>>※妙見口駅から徒歩約2分

開場日時:会期中無休



7.川西能勢口駅ホーム

《光るキューブ》(メインビジュアル)

制作: Kousei Ikeda (SPEKTRA)
設営協力:TOMOI R&D
電気装飾:Action+

<<ACCESS MAP>>

開場日時:会期中無休(始発〜終電までの間)
※点灯時間は9時~21時の間



(終了)オンライン音楽祭(YouTube LIVE)

豪華アーティストによる、
のせでんアートライン2021のオープニングを飾る配信音楽ライブが開催されます。

2021年10月30日(土)17:30開始。
当日は↓↓のリンクから、
YouTubeで誰でも無料で視聴できます!!

<<作品公式(配信)ページ>>
※2022/03/31までアーカイブ配信中

 
参加アーティスト

  • Kan Sano
  • 空間現代×吉増剛造
  • Sawa Angstrom(サワ・オングストローム)
  • 空間演出:SPEKTRA
  • 映像演出:STruKTurES・Orangejam


8.CLOSING EVENT(旧東郷小学校)

『ノマドランド』『もののけ姫』『風の谷のナウシカ』『ブンミおじさんの森』他

などの映画作品が上映される予定となっています。

(11.20 sat – 23 tue / Open 16:30 Start 17:30 ※前売券のみ)



9.地域団体企画(特定日のみ開催)

メインの各アーティストの作品展示やオンライン音楽祭以外にも、
様々な地域団体企画が開催される予定になっています。

 

 


 


 
 

【Nose KNITs からのお知らせ】
(けっこうどうでもいいお知らせですが……)

お知らせ①

様々な方に偏見なく当サイトをご覧いただくため、のせでんアートライン2021の
期間中(10/30~11/23)は当サイト内の全てのアフィリエイト広告を停止いたします。

お知らせ②

期間中の土日祝には、筆者も某所にてスタッフとして参加させて頂く予定となっております。
筆者とエンカウントしたい(あるいは回避したい)という方がいらっしゃいましたら、
SNSのDMなどてお問い合わせ下さい。(Instagramでは当日の居場所を告知しています)




(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

鉄道コム