のせでんアートライン2021 一般公募作品の募集を開始

 

開催発表から長らくトップページだけだった
『のせでんアートライン2021』のホームページ。

5月19日にページが更新され、一般公募作品の募集開始と
その展示場所の発表が追加されました。

 


 

会場の候補は以下の7か所。

  • キセラ川西せせらぎ公園(川西市)
  • 静思館(猪名川町)
  • 猪名川町環境交流館(猪名川町)
  • 能勢町役場新庁舎(能勢町)
  • 淨るりシアター(能勢町)
  • 吉川自治会館前広場(豊能町)
  • 妙見口駅(豊能町)

会場の詳細情報はこちら(※公式サイトのPDFが開きます)

 

もし当サイトをご覧の方で
「現代アートやったろやん!!」という方がいらっしゃいましたら
ぜひ『のせでんアートライン2021』のホームページから
お申込みくださいませ。

 


 

これらの開催地のうち、鉄道ファンになじみが深いのは、
豊能町の妙見口駅ではないでしょうか。

アートライン2017でアートプロデューサーを務めた
友井隆之氏による作品『集影レンズ』が、
2019年3月より妙見口駅の2号線横に設置されています。

(今回のアートライン2021では、集影レンズの横にも作品が展示される予定です)

 

 

また、吉川自治会館前広場も、
2015年には勝木繁昌さんによる
「夢のせて能勢電 鉄プロジェクト – 未来・心 ・風景」
という電車を模した作品が展示されていました。

 

 

 

 

※本記事で引用しているすべての画像の著作権は、
 能勢電鉄さん・のせでんアートライン2021事務局さんに帰属します。

 




(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

鉄道コム

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとある宴会カメラマン、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。