のせでんの車内広告(2021年3~5月版)

 

【前回の記事】

 

このシリーズでは、だいたい月替わり~隔月で
能勢電鉄に掲示されている車内広告を
1両まるごと、ご紹介いたします。

 


 

【のせでんの車内広告】

今回は2021年3~5月、主にとある7201Fおよび3170Fに掲出されていた
車内広告をまるごと撮影してきました。

3170Fの登場は今回が最後・・・泣

軌間限定の広告も多く、今回は3か月分なのでボリュームも多めでお送りします。

 

(※この記事では同じジャンルの広告を近くに配置したため、実際の広告掲載順は順不同となります。)

(※画像クリックで拡大表示や保存ができます。スマートフォンの場合は横向け推奨です。)

 

 


 

【緊急事態宣言で……】

 


 

【号車限定広告はそのまま】

こちらは前回(2月)の時点からいずれも変わっていません。
広告掲出の契約期間、どれぐらいなんでしょうか……

単純にコロナ禍の落ち着きからか、
能勢電鉄さんがホームページで広告を募集し始めたのが奏功したのか、
スポンサーとして広告を1車両のみに掲出する沿線団体が登場しています。

 

特定の号車限定の広告は、各車両の川西能勢口寄りの①②の場所に掲出されています。

 


 

【のせでんに広告を出すには】

コロナ禍も落ち着きを見せ始め、また能勢電鉄さんの車内広告にバリエーションが増えてきた気がします。

「のせでんの駅や車内に広告を出したい!」

という事業者や店舗・個人の方は、能勢電鉄さんのHPの以下のページより価格帯の確認や申込が可能になっています。

特にヘッドマークや車体ステッカーは筆者のような鉄道マニアが飛びつきます。

  

 

 




(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

鉄道コム

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとある宴会カメラマン、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。