【妙見の森×ケンミン焼きビーフン】リアル謎解きゲームを遊んできました!

 

能勢電鉄さんの妙見の森ケーブルと、

ケンミン食品さんの焼きビーフン

共に2020年で60周年!!

ということで開催されている、一連のコラボイベント。

 

妙見の森の広大な自然を活かしたリアル謎解きは、

実は2016年頃から定期的に開催されている「名物」なんですが筆者は初挑戦。

 

<過去のリアル謎ときイベント まとめ>

調べてみると、実はこんなに回数を重ねていたんです!実はまだあるかも!?

 

どんなもんかなーとワクワクしながら、

ケーブル山上駅の売店で謎解きキットを購入します。

 

 

今回のタイトルは

『ケンミン坊やと ブナちゃんのおくすり』。

なんと今回はケンミン食品さん監修で、のせでんさん側は謎ときのヒントを持っていないとか。

 

ブナちゃんが超かわいい!(語彙力)

ケンミン坊やも超かわいい!!(だから語彙力)

この2人の掛け合いだけでも、軽~く、焼ビーフン5人前ぐらいおかわりできます✨✨

 

ぴょんのんのグッズもいいけど、

けっこうマジでブナちゃんのグッズが欲しいかも。

 

山上駅の売店では所要時間「1時間半ぐらい」って言われましたが、大の大人が全力で思考回路をフル回転させて(おまけにヒントページも見まくって)ようやく1時間半ぐらいで全クリアできました。

ゲームを最後までクリアして山上駅の係員に渡すと、

賞状と、ケンミン焼ビーフンがもらえます。

 

さあ、君にブナちゃんの「本当の悩み」が解けるか!!!

 

 

<関連記事>

 5100系に「妙見の森ケーブル」&「ケンミン焼きビーフン」60周年記念ヘッドマーク



(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

鉄道コム

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとあるスーパーバイザー、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。