【中止】【能勢電鉄】1700系誕生60周年記念撮影会 開催告知

 

阪急2000系が1960年(昭和35年)にデビューしてから60年。

 【特設サイト】

数年にわたり製造されたうち、初年となる昭和35年製造だった2000系は12両。

先頭車は全て引退しましたが、中間車3両が2020年(令和2年)現在も

能勢電鉄に渡り現役です。

  • c#1734(元阪急c#2000)
  • c#1784(元阪急c#2051)
  • c#1737(元阪急c#2002)

 

そんな1700系の撮影会が、能勢電鉄さん主催で開催されることとなりました。

日時:2020年 12月12日(土)

10時~・12時~ の2回開催

能勢電鉄1700系
引用元:https://noseden.hankyu.co.jp/railway/fun/60th1700/img/photos.jpg
1枚目:1755Fの陸送搬入風景。写真の1705は元阪急2013。
2枚目:1753Fの試験塗装時代。1996年の川西能勢口駅の高架化直後は、④号線の乗降ホームの位置が現在と逆になっていました。
3枚目:この時点の1754FはスカートやLED前照灯を装備し、2020年現在でも撮れるカット。
4枚目:1750Fのマルーン塗装直後。この姿で定期列車に入ることは一度もありませんでした。

 

お申し込みはこちらから。 

※今回は予約サービスに「夢みるトロンボーンリサイタル電車」や「ギフトステーション」のときと同じYahoo!のデジタルチケットサイト「PassMarket」を使用しており、チケットが先着順となっています。

迷っていたら売り切れてしまいますよ!!!

 

さすが先着順、ページ公開から24時間を待たずに全てのチケットが完売していました。

この手のイベントは午前と午後の両方に申し込む愛好家や、スタッフに迷惑をかける常連でマークされている人もやってくるので、出来れば抽選制にして欲しかったのですが・・・・・・

当日トラブルが発生しないことを願っております。

(2020/12/04追記)

なんと新型コロナウイルス第3波で中止に……

近いうちにリベンジ開催される日を心待ちにしております。

 




(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

鉄道コム

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとある宴会カメラマン、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。