【豊能町】とよのん、ゆるキャラグランプリ2020 THE FINALで有終の6位

 

2011年の開始以来さまざまなドラマを繰り広げ、
今年2020年でファイナルになることが発表されている

ゆるキャラグランプリ」。

関西勢は例年、おとなり箕面市の「滝ノ道ゆずる」大先輩がランキングの常連でしたが、
なにやら今年は異変が・・・?

8月13日時点のスクリーンショット。
見慣れた謎のキャラがゆずる大先輩よりも上位に・・・!?

 

なんと、一昨年までは下位の団子の中に埋もれていた豊能町のゆるキャラ

「とよのん」

が、ランキング4位に颯爽登場しているのです。

 

その後も快進撃を続け、最終結果は「6位」という大健闘。
(ご当地トップ10に大阪府が3人ランクインするのもすごい)

とよのんは「トップ10以内」という目標を掲げていたらしく、
有終の美を飾ることができたのではないでしょうか。

 

 

<参考1:とよのん 過去の「ゆるキャラグランプリ」成績>

2014年(344位) → 2015年(288位) → 2016年(252位) → 2017年(121位) → 2018年(50位) → 2019年(13位) → 2020年(6位)

 

<参考2:滝ノ道ゆずる大先輩 過去の「ゆるキャラグランプリ」成績>

2011年(9位) → 2012年(10位) → 2013年(13位) → 2014年(13位) → 2015年(28位) → 2016年(5位) → 2017年(9位) → 2018年(5位) → 2019年(4位) → 2020年(4位)

 

また、過去にはのせでん沿線のこんな人たちも「ゆるキャラグランプリ」に参戦していました。

彼らはFINALとなる2020年はエントリーしていません。

なぜ毎年エントリーし続けなかったのか……大人の事情とかいう深淵をのぞいてはならない。

 



(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとあるスーパーバイザー、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。