川西能勢口に眠る車掌車の今後やいかに

 

阪急・能勢電鉄の「川西能勢口」駅から北へ徒歩約2分。

駐車場の隣に、かつて国鉄の貨物列車の後部に連結された

車掌車」とよばれる車両(ヨ5000形 ヨ14047)の

廃車体を活用した喫茶店がありました。

ジャーニー – 川西能勢口/喫茶店 [食べログ]

(詳細な地図は↑↑のリンク先からどうぞ)

 

しかし近場すぎて行かないまま、2017年2月末に閉店。


 

2020年11月時点で閉店から3年半が経過し、

新しいオーナーが入るでもなくどんどん荒廃しています。

 

そして隣接する駐車場が2020年11月初旬?に閉鎖

果たしてその理由は・・・?

そして車掌車・ヨ14047の運命は……??

 

本WordPressでは、引き続き川西に眠る車掌車の動向を追いかけます。

 


 

【追記:2020/12/02】

車掌車、まだしばらく安泰のようです。(と願いたい)

 


 

【追記:2021/01/17】

車掌車をきれいに残した状態で、その隣に新しい建物が竣工したようです。
<1/19 追追記:新しい建物はマンションギャラリーとのこと。言われてみれば中は豪華ですが外は簡素なプレハブです。




(NOSE KNITs – のせでん沿線の魅力紹介WordPress)

鉄道コム

Author: Barnirun
ある時はとあるシステム屋、ある時はとある三流音屋、ある時はとある宴会カメラマン、そしてある時はとあるのせでん沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。